節約・マネー

本当に必要な大学費用と入学までに準備すべき金額|大学無償化とは?

大学って卒業までにどれ位の費用がかかるの?
入学までにいくら準備しておけば良いの?
大学無償化(高等教育の就学支援制度)って結局どうなの?

気にはなるけれど、よく分からないという方も多いと思います。

我が家には、大学無償化前に大学生になった長男と、大学無償化のタイミングで大学生になった次男がいますので実際にどれくらいのお金が必要かを詳しく説明していきます。

大学の入学金と授業料の平均は?

当然ですが一括りに大学4年間の費用平均といっても、国公立なのか私立なのか、文系なのか理系なのかで金額は大きく違います。

国公立より私立の方が、文系より理系の方が高いんでしょ。

そんなことは知ってるから、結局うちの子どもが大学を卒業するまでにいくらかかるかを知りたいのよって思いますよね?

そこで、わたしは手っ取り早く長男が志望している「私立の理系大学にかかる費用の平均」を確認しようと思ったわけです。

息子は進学を迷っている大学が2つあり、どちらも私立で同じような学部だったので大学費用は大差ないだろうと考えていました。

ところが、実際は80万円以上も差がありました。同じ私立で同じような学部でもこんなに差があります。

大学の入学金や授業料は、ほとんどの場合、大学のホームページなどで簡単に確認できます。

そろそろ大学が間近に迫っている高校生の保護者の方は、実際に検討している大学の入学金や授業料を確認しておくことが1番確実です。

オープンキャンパスに行った大学は、授業料もチェックしておくのがおすすめです。

平均はあくまで平均でしかありませんのでそれを踏まえた上で、平均金額を確認してください。

  入学費用 在学費用 合計
私立短大 33万円 154万円/ 341万円
国公立大学 42万円 101万円/ 446万円
私立文系 59万円 150万円/ 659万円
私立理系 54万円 169万円/ 730万円

日本金融政策公庫より
入学費用・・・受験費・入学金・寄付金・学校債など
在学費用・・・授業料・学校用品+教材費・施設設備費など
合計・・・年間在学費用は単純に4倍として計算

上の表は日本金融政策公庫のデータですが個人的には若干、高めに出ているかなという印象もあります。

実際にかかった大学費用

我が家が実際にかかった大学費用は以下の金額です。

【大学無償化前・私立理系】
大学無償化が始まる前で、授業料や施設設備費、教材などを含めた4年間の在学費用は合計約610万円ほどです。

大学での昼食代や交通費、雑費を含めると670~680万円くらいです。(交通費が高かったのもあります)

【大学無償化・私立文系】
大学無償化で給付奨学金がでますので実費の在学費用としては340万円ほどになりそうです。

昼食代や交通費などを含めても400万円くらいでお釣りが出るのではと考えています。(まだ在学中のため確定ではありません)

在学費用の内訳とそれ以外の費用

授業料以外にも必要なお金があります。

自宅からの通学であれば通学費が必要ですが、学生寮など自宅以外から通学する場合は当然、さらに費用がかかります。

我が家が実際に支払った金額と在学中の費用の内訳は以下になります。

入学金・受験料

私立理系:入学金20万円・受験料2万円
私立文系:入学金16万円・受験料3万円

授業料

私立理系:1年間で138万円(前期・後期各69万円)
私立文系:1年間で85万円(前期・後期各42.5万円)

学友会費・同窓会費・後援会費などの雑費

私立理系:初年度合計約5万円。2年目以降は約1万円。
私立文系:初年度合計約6万円。2年目以降は約1万5千円。
(※上記の在学費用には、学友会・同窓会・後援会費も含まれています)

施設費

私立理系:毎年34万円ほど
私立文系:毎年30万円ほど
(※上記の日本金融政策公庫の在学費用には、施設費も含まれています)

食費

もちろんお弁当持参でも構いませんが、長男は生協食堂年間利用定期券を購入しました。

年額9万5,000円で、1日上限600円まで大学の食堂やカフェで使用できる定期券です。(販売価格や1日の使用上限金額は大学によって異なります)

次男の大学は食堂利用定期券がありませんので学食を利用します。

朝食は100円で食べられます。100円朝食の大学も多いみたいですね。昼食は500円出せば、それなりにお腹いっぱいは食べられそうです。

交通費

月額5,000円で計算しても年間6万円。単純計算で4年で24万円。

これもある程度は計算に入れておいた方が良いと思います。

教材

私立理系:パソコン必須でAdobeのライセンスなども含め25万円のパソコンを購入しました。これに教科書などで合計30万円ほどが1年目でかかっています。

私立文系:パソコン必須で自分で用意しました。スペックなど最低限の指定はありますが13万円ほどでした。
(※上記の日本金融政策公庫の在学費用には、施設費も含まれています)

私が準備した金額

【私立理系】
わたしが長男のために準備していた金額は200万円
でした。

さらっと調べたところ200万円は準備しておくようにという記事が多く、そのまま鵜呑みにしたからです。

そして、いざ大学に入学してみると入学金、前期授業料や食堂年間利用定期券、教材などをふくめ入学して数か月で130万円以上のお金が消えました。

2年目以降も授業料と維持拡充費などで毎年約140万円ほどのお金がかかります。

どう考えても、我が家の場合は少なくとも300~400万円は準備しておいた方が良かったとあとで後悔しました。

【私立文系・大学無償化】
長男の反省をいかして次男には300万円を準備しておきましたが大学無償化のおかげで、事前に準備しておく金額としては300万円で充分でした。

あとは、不足分として毎月2万円ほどを補っていけば卒業まで乗り切れそうです。

大学無償化とは?

2020年4月に始まった大学無償化(高等教育の就学支援制度)ですが、結局なに?いくら貰えるの?本当に貰えるの?という方も多いと思います。

すべての大学生がいる世帯がもらえるわけではありません。

詳しくは文部科学省のホームページを見ていただくのが確実ですが、簡単に説明すると給付金をもらうためには所得・資産・学習意欲の要件が定められています。

※少し面倒な大学無償化による給付奨学金の要件の説明をしますが、うちは貰えるのかしらという方は、あとで簡単に調べられる方法を紹介しますので斜め読みで大丈夫です(笑)

世帯年収 世帯人数・年収によって上限があり、また年間収入金額によっても奨学金の金額が異なります。
資産 生計維持者が1人の場合は1,250万円未満
生計維持者が2人の場合は2,000万円未満
学習意欲(1年次) (1年次)
1:高等学校等における評定平均値が3.5以上であること、又は、入学者選抜試験の成績が入学者の上位2分の1の範囲に属すること
2:高等学校卒業程度認定試験の合格者であること
3:将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること

大学無償化の対象となる世帯の世帯収入は例えば、本人と母の2人世帯なら母の年間の収入金額は上限402万円。

父・母・本人・高校生の4人世帯で父のみ給与所得者なら上限461万円など世帯人数によっても異なります。

学習意欲については、修業年限で卒業又は修了できないことが確定したり、履修科目の授業への出席率や修得した単位数の合計数が標準単位数の5割以下の場合は「廃止」となります。

また修得した単位数の合計数が標準単位数の6割以下、GPA等が学部等における下位4分の1の範囲に属する場合、履修科目の授業への出席率が8割以下の場合などは「警告」区分となり、警告が続くと「廃止」になります。

大学無償化といっても授業料が無料になるわけではなく、決まった金額が毎月振り込まれます。

世帯収入や国公立か私立か、自宅通学か自宅外通学かによっても金額は異なります。

区分 国公立 私立
第1区分 自宅:29,200円(33,300円)
自宅外:66,700円
自宅:38,300円(75,800円)
自宅外:75,800円
第2区分 自宅:19,500円(22,200円)
自宅外:44,500円
自宅:25,600円(28,400円)
自宅外:50,600円
第3区分 自宅:9,800円(11,100円)
自宅外:22,300円
自宅:12,800円(28,400円)
自宅外:25,300円

【第1区分】
本人と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること。
【第2区分】
本人と生計維持者の支給額算定基準額(※1)の合計が100円以上25,600円未満であること。
【第3区分】
本人と生計維持者の支給額算定基準額(※1)の合計が25,600円以上51,300円未満であること。

※1:支給額算定基準額(a)=課税標準額×6%-(調整控除額+調整額)(b)(100円未満切り捨て)

区分は、例を挙げると、世帯人数2人(本人・母)の場合だと給料職者の年間の収入金額の上限は【第1区分】229万円、【第2区分】332万円、【第3区分】402万円。

世帯人数4人(本人、父、母、高校生)で共働きの場合は、給料職者の年間の収入金額の上限は【第1区分】295万円+115万円、【第2区分】336万円+155万円、【第3区分】409万円+155万円です。

世帯構成、障害者の有無、各種保険料の支払い状況等により、目安の金額を上回っていても対象となる場合や、下回っていても対象とならない場合もあります。

ここまで読んで、結局うちは奨学金がもらえるの?もらえないの?もらえるとすればいくらなの?と思いますよね。

実は、ものすごく簡単に答えが出ます。

大学無償化|給付奨学金がもらえるか簡単に調べる方法

日本学生支援機構(JASSO)の進学資金シュミレーターで調べるだけです。

JASSOって何?進学資金シュミレーターの信憑性は?と思われる方もいるかもしれませんが、実際の就学金支給期間中、奨学金の適格認定をしているのがJASSOです。

シュミレーション結果を保証してもらえるわけではありませんが、シミュレーションにおける計算式・手順については、実際に当機構で審査を行う際の計算式・手順と概ね同一のものが使用されているそうです。

わたしも試しにシュミレーションしてみましたが、ドンピシャでまさに現在の支給額が出ました。

給付型奨学金の申請ってどんな感じ?

奨学金申請の手続きは基本的に学生本人が行います。

締め切りがわりとシビアなものもあり、お願いだから早く済ませてよと親としてはヤキモキします。

「給付奨学金案内」や「申込みのてびき」をざっくり目を通した段階では、面倒くさそう…というのが正直な感想です。

手を付け始めると内容や手続き自体は難しくはありませんが、公的な手続きって後回しにしたくなる特有の面倒くささがありませんか?まさにそれです。

しかも給付奨学金と貸与奨学金の資料が一緒に届きましたので、どっちが給付でどっちが貸与かややこしいです。

「給付金案内」や「申込み」の手引きを受け取ったら、まず最初に給付奨学金と貸与奨学金をきちんと確認して分けておくことをおすすめします。

WEBで登録したあと、さらに手書きで記入する書類やマイナンバーを提出したりとそれなりにしなければいけないことがあります。

あと奨学金給付の要件に資産が含まれますので、入力する項目の中に資産を入れる欄があります。がっつり子どもに家の資産金額がバレました。(内緒にしていたのですが…)

結局、いくら準備すればよいのか

さて、大学在学中の費用や給付奨学金も分かったところで、結局いくら準備すれば良いのということになりますよね。

間違いなく言えることは1つ、お金は余ればいくらでも他にまわせるのだから、いくらと言わずいくらでも可能な限り限界まで準備しておくのが1番です。

とはいえ、そういうのいいから!と言われそうなので最低限必要なお金は以下で計算すると良いと思います。

(大学在学中に必要なお金) (在学中に捻出できる費用) +(諸経費50万円)= 入学前に準備しておく金額

例)私立理系・大学無償化給付金なしの場合

  1. 大学ホームページで授業料や施設費などの在学中のお金を調べる。決まっていなければ理系平均の729万円が必要と考える
  2. 在学中は家計から毎月8万円を大学費用として捻出する=4年で384万円
  3. 729万円(在学中に必要な費用)ー384万円(在学中に捻出できる費用)=不足分345万円
  4. これに交通費や教材などの諸経費50万円として395万円

なので、私立理系で大学無償化の給付金がない場合は、395万円を目安と考えるべきだったかなと思います。

給付奨学金がある場合は、上記の計算式の(在学中に捻出できる費用)に加算して考えればOKです。

ただし世帯収入や何より本人の成績・出席率などによっては給付金打ち切りもありますのである程度、余裕を持って計算しておくと良いと思います。

ただ給付奨学金の有無に問わず経験上、いずれにしてもやはり入学までに最低200万円は準備しておくことを強くお勧めします。(※とりあえず200万円あれば良いではなく、最低200万円ということです)

大学費用の捻出方法

大学にお金がかかることは分かったけど、そんな簡単に貯められるかい!って思いますよね。でも家計に大きな打撃を与えずに貯められる方法があります。

それは児童手当に手を付けないこと。

産まれた時から児童手当に手を付けなかった場合、これだけの自動手当を貯めることができます。

3歳まで 54万円
3歳から小学校修了まで 108万円
中学生 36万円


ざっと合計1,980,000円!!!

わたしも子ども名義の銀行口座を早くに作って、すぐにその口座に移しておけばよかったと、ものすごーく反省して後悔しています。

5歳から始めた場合でも、毎月1万円を積み立てれば156万円と児童手当を合わせて300万円です!

すでに子どもが中学生、高校生というお母さん。とにかく後回しにすると、その分だけ後でしんどいです。

1ヶ月でも、1週間でも、1日でも早く「大学費用」という手の付けにくい名目で、コツコツ貯めておくことを本当におすすめします。

大学生活が始まってからの盲点と反省

我が家の長男(理系・給付金なし)は授業料だけで半年間で約70万円かかりました。

単純計算で1ヶ月約11万円です。長男の時は大学無償化(給付奨学金)は始まっておらず、貸与給付金も申請しませんでした。

というのも、息子が入学する前は大学生ってアルバイトする時間あるんでしょうと思っていました。(私は高卒なので大学がどういうものか知りませんw)

そこで5万円は息子が自分で大学費用を捻出するという取り決めをしていました。

が、いざ大学生活が始まると息子のアルバイト代は平均4万円。そのうち2万円がお小遣いになるので、大学費用に充てられるのは2万円です。

理由として大学が遠い・・・。片道約2時間かかるので往復4時間。

そりゃアルバイトする時間もないわなと。いや、考えが甘かったです。

大学は休みが長いので、長期の休みに息子もがっつりアルバイトをしつつ私も必至で働き、なんとかするしかありませんが、それも私が健康で働ければという条件付き。

貸与奨学金を簡単に勧めるわけではありませんが、入学までに充分な大学費用をもし準備できなかった場合は本当に在学中に不足分を捻出できるのか、あらゆるケースを想定し、最悪のケースでも卒業まで払えるかどうかをしっかりと検討してから貸与奨学金を申請するかしないかを決定すべきだなとはつくづく思います。