ブログ運営

【基本編】初心者でも奇麗なアイキャッチが作れるCanvaの使い方

簡単でセンスの良いアイキャッチを作りたい。

アイキャッチ画像にテキスト(文字)を入れたい。

手間や時間、お金は掛けたくない。

今回は、そんな方にオススメのデザイン作成ツール「Canva」の基本的な使い方を紹介します。

Canvaとは?

Canvaは、アイキャッチはもちろん、名刺やポスター、ポストカードからSNSヘッダーまであらゆるデザインが作成できるツールです。

カスタマイズ可能なテンプレートが豊富で、主な操作はドラッグ&ドロップ、センターも取ってくれますのでストレスなくバランスの良いデザインが作成できます。

初心者でも感覚でデザインが作成でき、見栄えの良いアイキャッチが簡単に作れます

またソフトをインストールする必要もなく、会員登録のみで無料で利用可能です。

 

まずは登録から

Canvaを利用するためには、まず登録が必要です。

Facebook、Googleもしくはメールアドレスで簡単に登録できます。

 

canva公式ページ

 

 

メリット・デメリット

どういうアイキャッチを作れば良いか全くアイデアが思い浮かばないという初心者の方や、アイキャッチに手間や時間をかけたくないという方は、既存のレイアウトを編集するという方法がおすすめです。

ただメリットも大きいのですが、個人的には少し気になるデメリットもあります。

メリット

  • デザインを考える必要がない
  • アイコンや素材を探す手間がかからない
  • アイキャッチに時間を取れられない

最大のメリットはやはり、時間短縮だと思います。

手間と時間を掛けるとキリがないアイキャッチが、2~3分で作成できるのは魅力です。

 

デメリット

  • デザインの自由度が低い
  • 他のブログのアイキャッチが被(かぶ)ることがある
  • ピッタリのサイズや比率が見つからない場合がある

個人的に1番気になるのは、サイズや比率がピッタリのテンプレートが見つからない

このブログのWordPressテーマ「JIN」のアイキャッチの推奨サイズは「横760px:縦428px」、推奨比率は「16:9」です。

Canvaで用意されているテンプレートの中で、アイキャッチとして使いやすいレイアウトは個人的には「Blogバナー」かなと思うのですが、Blogバナーのサイズは横560px:縦360pxです。

そのまま記事内にもアイキャッチを反映させる場合、当然ですが小さくなります。

左が「blogバナー」のテンプレートをそのまま使用した場合。

パソコンで閲覧した場合、端が揃っていないの、ちょっと気になりませんか?

ちなみに以下の対策で右の画像のようにピッタリサイズにもできます。

 

対策

端をピッタリに揃えるには、単純にリサイズするだけ。

JINの場合は縦横の比率を維持したまま横を760pxにすればOKです。

私はリサイズは、Jtrimという無料のフォトレタッチソフトを使用しています。

切り抜きや文字入れ、ぼかしなどの加工ができるうえに、ファイルサイズを小さくすることも可能なので重宝しています。

また最初から大きめのテンプレートを使用するという方法もあります。

レイアウトの種類は少ないのですが「プレゼンテーション」というテンプレートは16:9で縦1024px 768pxあります。

小さいサイズをあまり大きくリサイズすると、画質が低下しますので注意して下さいね。

 

アイキャッチの作り方

手順は以下になります

  1. アイキャッチの比率が合うテンプレートを探す
  2. 好みのレイアウトに、写真やテキストを差し替える!
  3. 最後に保存する

手順を詳しく説明していきます。

 

(1) テンプレートを選ぶ

テンプレートを探すには、左のツールから「全てのデザイン」を選択します。

今回は比率16:9の「Blogバナー」(横560px:縦360px)を選びます。

 

(3)写真やロゴを差し替える

テンプレートの中には、すでにレイアウトが用意されていますので、テキストを変えたり、加えたりするだけでOKです。

もう少しオリジナリティを出したい場合やテキストを強調したい場合などは、それに応じて加工していきます。

 

1:レイアウトを選ぶ

左のツールの「レイアウト」から、好みのレイアウトを選びます。

右下に「無料」と入っているものが無料レイアウトです。

有料レイアウトを使う場合は、レイアウト内に含まれる有料素材を無料素材に置き換えれば料金はかかりません

有料素材は購入手続きをしない限り、保存できないようになっていますので知らない間に料金が発生していたということはありませんので、安心して下さい。

 

2:テキストを編集する

テキストを自由に編集できます。
上部のツールから、フォントやサイズ、色を編集できます。

ちなみにテキストを追加したり、差し替える場合は左ツールの「テキスト」から。

 

アルファベットの大文字小文字は、上部ツールの「AA」、文字や行の間隔は「間隔」から編集できます。

もともとのレイアウト次第では、ロゴを変えるだけで見栄えの良いアイキャッチが完成します。

今回はシンプルなアイキャッチから、Canvaをはじめて使う方でもすぐに取り入れられる簡単テクニックを続けて紹介します。

 

写真を入れる

背景を写真にするだけで雰囲気がぐっと変わります。

左のツールの「素材」から「無料写真」を選択し、写真を選びましょう。

ちなみに写真は無料素材の他に、画像をアップロードすることもできますので、自分で撮影した写真や、他の無料写真素材サイトの写真なども使用できます。

 

テキストを目立たせる

写真素材を使用する場合、テキストが見にくい場合があります。

そんな時には図形素材を使ってテキストを目立たせることができます。

左ツールの「素材」から、「図形」を選択しベタ塗りの正方形を選びます。

縦にも横にもサイズ調節ができ、さらに回転させることもできます。

これを画像いっぱい(はみ出すくらいでOK)まで広げ、上部ツール(右上)透明度を設定します。

単純に写真自体の透明度を編集してもOKですが、この方法は応用がききますので便利です。

例えば、帯状に引き伸ばすと以下のようなアイキャッチを作ることもできます。

さらに、色を変えることもできます。

白を黒に変更するとまた雰囲気が変わりますよね。

細かい加工

最後にもう少しだけ細かい加工を加えてさらにテキストを目立たせます。

「Canva」の文字だけ大きいサイズに置き換えてみます。

テキストにアンダーバーを入れると締まります!

わたしは現在アイキャッチはテンプレートを使わずに、1から作っていますが基本的にはここで紹介した編集方法の組み合わせで作成しています。

自分で作成する場合は、画像サイズも指定できる上にオリジナリティのあるアイキャッチを作ることができます。

それなら1から作成してみようかなという方は、是非こちらの記事も読んでみて下さいね。

あわせて読みたい
【Canva】オリジナルのアイキャッチで差別化!作り方とアイデア既存レイアウト編集でも素敵なアイキャッチが簡単に作れる「canva」ですが、他のブログとアイキャッチが被(かぶ)ってしまう、アイキャッチ...

 

レイアウトを保存

最後に作成したアイキャッチを保存して完成です。

保存の手順は以下になります

  1. 上部ツールから「ダウンロード」をクリック
  2. ファイル形式を選択する
  3. 保存するページを選択(レイアウト画像の右に番号が振られています)
  4. 下部「ダウンロード」ボタから任意の場所に保存できます

Canvaでは、ファイル形式はPNGを推奨していますが、写真画像を使用するとPNGではファイルサイズが大きくなりすぎますので私はJPGで保存します。

それでもファイルサイズが300kbを超える場合がありますので、100kb以下を目安に「Jtrim」を使用してファイルサイズを小さくします。

一方、イラスト系のアイキャッチはJPGだと、ぼやけたように見えるものがありますのでその場合はPNGで良いと思います。

ファイル形式で迷う場合は「写真のアイキャッチはJPG、イラストのアイキャッチはPNG」という使い分けでOKです。

 

感覚で操作できるほど簡単ですので、まだ使ったことがないという方は是非チャレンジしてみて下さい。

canva公式ページ