ブログ運営

【Canva】オリジナルのアイキャッチで差別化!作り方とアイデア

既存レイアウト編集でも素敵なアイキャッチが簡単に作れる「canva」ですが、他のブログとアイキャッチが被(かぶ)ってしまう、アイキャッチにこだわりたいという方は、1からアイキャッチ作りを始めてみませんか?

凝りだすとキリがないですが、わたしのブログのアイキャッチ程度だと慣れれば10分ほどで完成するものがほとんどです。

私も、以前は既存レイアウトを編集していましたが、完全オリジナルのアイキャッチに変えて回遊性が向上し、直帰率が改善しました。

内部リンクも増やしましたのでアイキャッチだけの成果ではないかもしれませんが、何より以前より自分のブログに愛着が深まりました。

そこで今回は、サイズ決めからアイキャッチ完成までと、知っておくと便利なテクニックを紹介します。

そもそもCanvaって何?という方は、こちらの記事に詳しく書いています。

【基本編】初心者でも奇麗なアイキャッチが作れるCanvaの使い方

準備編(イメージ作り)

Canvaの「テンプレートで検索」から、たくさんのテンプレートを見ることが出来ます。

色使いや、写真の使い方、テキストのサイズ、位置などレイアウトの参考になるテンプレートがたくさんあります

アイキャッチを作る前のイメージ作りや、行き詰った時などにヒントになりますので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

 

アイキャッチ作成手順

自分でレイアウトを1から作成すればカスタマイズの幅も広がります。

手順は以下になります

  1. レイアウトのサイズを指定する
  2. 背景(写真)を決める
  3. テキストやイラストを入れてレイアウト作成
  4. 保存して完成

この記事のアイキャッチを例に完成までを順を追って紹介します。

 

(1)レイアウトのサイズを指定する

ログイン後の画面右上にある「画像サイズを指定」をクリックして、レイアウトのサイズを指定します。

 

(2)背景(写真)を決める

Canvaをイメージした色を選ぶことにしました。

左のツールの「背景」からカラーを選んだり、無料の柄入り背景を選ぶこともできます。

 

(3)テキストやイラストを入れる

あとは、好みのイラストを使ったり、テキストを入れて完成です。

素材はこんな感じです。

写真にイラスト、アイコン、図形やラインなど豊富にありますので、これらを使ってデザインを作成します。

 

イラストを挿入

素材の中の「Canva」からイラストを2つチョイスしました。

 

テキストを入れる

テキストのフォントも、たくさん用意されています。

私は「ゴシック」が好きで「やさしさゴシック」「ぼくたちのゴシック2」「源柔ゴシック」を使うことが多いです。

今回は「やさしさゴシック」を選びました。

文字サイズはもちろん、文字間隔や行の高さも調節できます。

 

装飾する

これだけだと単調なので「コツとアイデア」の部分を装飾します。

四角いベタ塗り素材の上にテキストを置いて、テキストの文字を白に変えてみました。

ちょっとシンプルすぎるので「無料で簡単」の吹き出しも入れてみました。

 

全体のバランスを見て仕上げ

 

全体のバランスを見て、配置や文字サイズを確認します。

ちょっと締まりがないかなと感じたので、テキストにアンダーバーと枠を入れて完成です。

 

知っておくと便利なツール

Canvaを使い始めたばかりの頃につまづいた事や、これは知っておくと全然違う!と思うツールを紹介します。

ラインの太さ(細さ)を変えたい

ラインや図形の枠線などを、長さは変えずに幅だけ太くしたり、細くしたいという場合。

今回は分かりやすいように太めのラインを選びました。

  1. まずは左ツール「素材」の「ライン」から、好きなラインを選びます。
  2. ラインのを左クリックで掴み、好きな太さ(細さ)になるまでサイズを変更します。
  3. ラインのを左クリックで掴んで伸縮し長さだけを変えます。

1と3は同じ長さで、太さが異なるラインが作成できました。

 

前後の配置を変える

素材の前面、背面の配置を変えるだけで大きく違う場合があります。

上の画像ですが、左は鉛筆を前面に、右はコアラを前面に配置しています。

右の方が自然なデザインに見えると思います。

こんな感じで前後の配置を変えるには、移動させたい素材を選択して、上部ツールから「配置」を選択すると、簡単に前後の配置を移動させることができます。

 

アルファベット大文字・小文字の切り替え

アルファベットの大文字・小文字は上部ツール「AA」をクリックすると切り替え可能です。

 

コピー機能

作成したデザインと同じものを複製したいときは、コピーしたいデザインを選択して、上部ツールの「コピー」をクリックします。

上の画像のように複数の素材を同時に選択してコピーすると、位置や配置などを保持して全く同じものが複製されます。

 

デザイン作成のコツ

たった1つの素材の有無や、配置などで印象は大きく変わります。

サンプルと合わせてデザイン作成のコツを紹介します。

どちらが良いかは、バランスや好みで良いと思います。

 

枠なし・枠あり

枠を付けることで、テキストが目を引くように感じましたので私はこのアイキャッチは「枠あり」にしました。

【シングルマザーの就職】高卒・資格なし!私が実践した仕事探しとは?

 

テキストの縦書き・横書き

テキストの縦横を変えるだけでも印象が違いますよね。

【国内旅行】ホテル予約サイトはどこがいいか特徴をまとめてみた

 

画像の大きさ

写真をアピールしたい場合は写真画像は大きくても良いと思います。

個人的には右の写真の方がバランス的にオシャレ感が出るような気がしたので、あえて写真を小さめにしました。

シンデレラサイズも!甲高・幅広さんにおすすめプチプラサンダル

 

他にも、ちょっとした基本的なコツをこちらの記事でも書いています。

あわせて読みたい
【基本編】初心者でも奇麗なアイキャッチが作れるCanvaの使い方簡単でセンスの良いアイキャッチを作りたい。 アイキャッチ画像にテキスト(文字)を入れたい。 手間や時間、お金は掛けたくない。...

 

アイデア集

わたしのブログのアイキャッチを紹介させて下さい(笑)

一応、なんとなくですがコンセプトがあります。

旅行ガイドブック風

これが1番、時間がかかったアイキャッチです。

「ならまち」のお店などを紹介する記事ですので、ぱっとみて旅行ガイドブックをイメージしてもらえるようなアイキャッチを目指しました。

大人女子旅「ならまち」ガイド!情緒ある町屋とカフェや雑貨店を紹介

 

一目で分かるテーマカラーやイラスト

WordPressテーマ「JIN」といえば、紺と黄色。

そしてこのイラストも記憶に残っている方は多いのではないでしょうか。

このアイキャッチを見ただけで「JIN」の記事だと分かってもらえるだろうということで、アイキャッチにはタイトルなどは入れていません。
(※画像使用許可は頂いております)

ワードプレステーマ「JIN」を初心者が使ってみた感想

 

オリジナルの写真で勝負

これは私が撮影した写真です。

他にはないオリジナルの写真だったり、いい写真が撮れたなと思う時は写真を邪魔しないようにテキストを入れます。

【なにわ淀川花火大会】常連が本当のおすすめ有料席を紹介!

 

楽しくアイキャッチを作る

何よりアイキャッチ作りを楽しむことが大事だと思います。

これは、写真を見てふと思いついた「にゃん」を言いたかっただけです。

でも、楽しんで作ったアイキャッチは個性も出ますし、何より自分のブログに愛着が沸きます。

たまには肩の力を抜いて、自分が楽しむことを追及したアイキャッチもあって良いと思います。

人見知りの私が初対面の人と積極的に話せるようになった方法

 

画像ファイルサイズを小さくする

そのまま使用すると画像のファイルサイズが大きいので、私はフリーソフト「Jtrim」を使用して100kb以下を目安にしています。

 

あとがき

わたしは、アイキャッチに「ブログタイトル」をそのまま入れず、ワード程度にとどめることが多いです。

せっかくタイトルがあるので出来ればそちらを読んで欲しい。

なので「アイキャッチ」はタイトルを補足したり、興味のあるカテゴリの記事かどうかを目で見て素早く判断してもらえるような役割として使いたいなと思っています。

タイトルをそのまま入れるべきか、入れないべきか、どちらが良いということではなくて、そのアイキャッチがどういう役割を果たせばいいのかを考えて作ると、どういうアイキャッチを作りたいのかもイメージがしやすいです。

canva公式ページ