ライフスタイル

反抗期・思春期の息子にイライラせず上手く付き合うには?

反抗期の息子に対するイライラがとどまるところを知らず「息子」「反抗期」「ぶっ飛ばしたい」というワードで検索したことがあります(笑)

現在、我が家の息子は大学1年生と高校2年生。

完全に反抗期が過ぎたとは言えませんし、ケンカをすることもありますが、あの時は何だったんだろうと思えるほど良い関係を築いています。

そのきっかけや、今だから分かる反省点も踏まえ反抗期の息子とどう付き合っていけばよいかを真面目にまとめてみました。

反抗期とは

反抗期とは「性ホルモン」によって非常に感情に敏感な時期だそうです。

思春期に大人の体へと変化する時に大量に分泌される「性ホルモン」

この性ホルモンが感情をつかさどる偏桃体に影響を与え感情の爆発が起こります。

今、メカニズムなんかどうでもいいわ!と思うかもしれませんが、私はメカニズムを知ることで「思春期、患ってるあんたも大変なんだね」と、息子の気持ちになって考えてみるきっかけになりました。

ちなみに私の友人にPMS(月経前症候群)に悩んでいる友人がいます。
どうしても生理前にイライラして旦那にやつあたりしてしまうと。

大人でも感情を抑えるのが難しいんだから中学生ならなおさらかなと思ったり。

子ども自身も後ろめたさを感じたり悪いとは思っていても、よくわからない感情の起伏をコントロールが出来ない。

 

そんな感情の爆発を抑えるにはセロトニンを増やすことが重要!

 

簡単に出来ることが多いので是非、これも試してみてくださいね。

 

・朝日を浴びる
・夜たっぷり寝る
・リズミカルな運動
・セロトニンを増やす食生活・・・たんぱく質のほか、ビタミンや炭水化物も必要です。バランスのよい食生活を心がけましょう。
・接し方を見直す・・・子どもが反抗的な態度をとるのは当たり前と考え、真に受けず、余裕をもって接しましょう。子どものいいところを探すのも大切です。
・ガムをかむ・・・あごの筋肉は脳と直結しているので、ガムをかんで動かすと、セロトニンが増えやすいとされています。5分でOKです。

出典元:NHK あさいち

 

休み明けが辛い。やる気が起きない。イライラ。落ち込む。ミスをする。受験、試験で緊張する。こんな経験はありませんか?
心とカラダのバランスを整える「ジルジレットセロトニン」がおすすめ。



我が家の反抗期

長男の反抗期だなと感じる期間はわりと短かったもののピークは中学3年

まさに受験シーズンまっただ中

受験に反抗期が重なったもんだから、私も息子も余裕がなくイライラの日々が続きました。

通っていた塾の授業料は一コマ3,000円。
夏期講習に至っては1か月の月謝が、私の給与を超えました。

もうちょっとコマ数減らせないのと言ってはみたものの(塾に洗脳されてるのかと思うほどw)かたくなに、どうしてもそれだけのコマ数は必要だと言い張る息子。

分かった!それなら元を取るほど頑張って勉強しなよ!と私も覚悟を決めたわけですが夏期講習の申込書にサインしながらも、”ドッキリ!”って書いたプラカード持って誰か出てきてくれないかなって思ってましたし(笑)

そのくらい我が家にとっては痛い出費でした。

ところが、いざ夏休みに入ったら勉強どころか学校の宿題も、塾の宿題もやってない。
そのうえ塾にも何度も遅刻したり。

あんたが塾に通いたいって言ったんでしょうが!なんで遅刻してんのよ!
うるさいなー。関係ないやん。ほっといて。
誰が塾代払ってると思ってんのよー
なら辞めたらいいん?

簡単にまとめましたが、ここでは書けないほどの罵詈雑言祭りです。

ヒートアップして胸ぐらつかんで「出てけ、オラァ!」と盛大にやらかしましたことも。

やってはいけない典型的なパターンと分かってはいるのに、売り言葉に買い言葉でまさに負のループ。

ちなみに次男は、その日の気分次第という感じです。
機嫌の悪い日は返事がないか、返事があっても(何、その態度…)という。

もう分かったから部屋から出ていって。あ、ドア閉めてってな。
(クソガキが…)

なにせ今、思い出しても疲れる日々でした。

疲れたお母さんへの処方箋

盛大な親子ケンカのあとにフーフー言いながら「息子」「反抗期」とかでネットで検索なんかしてしまった日には疲れも倍増でした。

コミュニティサイトに私と同じようなお母さんが”反抗期の息子に疲れた”とその思いを吐露しているのを見て、その気持ち痛いほど分かるわ!!と思って続きを読み進めると・・・

  • そういう風に育てたのはあなたでしょう
  • 親なんだから子どもと同じ土俵に立ってはいけない
  • 息子さんの気持ちを考えてあげて

 

もう完全に白目。

 

同じような体験で打ちのめされたお母さんへ。
まず、全力で言いたいんです!お母さんは精一杯、頑張ってる!

そしてお母さんは悪くない。
育て方だって間違ってない。

子どもが安心して反抗ができるのは、お母さんを身近な存在と感じているからこそ。

それに、そもそもこの反抗期という課題に取り組むうえで、だれが悪いかということ自体を論ずる必要はないはず。

ただ目の前に課題があるだけなんです。
その課題が反抗期を乗り切ること。

考えるべきは誰の何が悪いかではなく、今どう乗り切るかだけです。

それに気付いて対策を練るようになってから、明らかに家庭内の雰囲気が変わりました。
私自身も子どももイライラすることが本当に少なくなりました。

反抗期の息子の対処法

勉強しなさい、片付けなさい、脱ぎ散らかさない、寝てばっかりいない、夜更かししない、お弁当箱くらい出しなさいと言いたいことは挙げればきりがないほどあります。

そして言いたいのをグッと堪えてたりもしますよね。
それでも、これはさすがにって時や、ついポロっと口から出て大げんかに発展したり。

重要なのはタイミングです。

そうはいっても「今しようと思ってたのに、今ので萎えた」とか、いつもこんな返事なのにタイミングなんかないわ!って思ったかもしれませんが意外とそうでもないです。

息子がテレビばかり見ているとつい「勉強しなよ」って言いたくなるのですが、ここはぐっと堪えます。

しないといけない事を先回りして指摘すると、一気に険悪な空気になりますよね。

本人もしないといけない事は分かってるはず。

私だって(晩御飯そろそろ作らないと。でも面倒だなぁ)と携帯ポチポチして、時間がダラダラ過ぎることあります。

そんな時に「早く晩御飯作れよ」って言われたら(分かってるわぃ、うるさいなぁ)って思いますしね。

簡単な頼み事をする

例えばテレビを見ている子どもに勉強をさせたい場合は、まず子どもが動くきっかけを作ります。

そのために簡単な頼み事をします。
頼み事は面倒ではなくて、出来れば息子の得意なことがベスト。

「このアプリのここの使い方おしえて」

「ちょっとこのビンのフタ固いんだけど開けられる?」

なんだったら、そこら辺にあるビンのフタをギッチギチに締め上げて渡しましょう(笑)

そして助けてくれたら、すかさず「ありがとう」と共にさりげなく褒める。

大げさでなく「お、さすがやな」とか「困ってたから助かったわ」くらいの軽い感じで。

この時に「さて、お母ちゃんも晩御飯作るかな!あぁ、あんたも勉強しなよー」とさらっと伝える。

そうすると、わりと「はいよー」って返事が返ってきたりするんです。

もちろん毎回、都合よく頼み事もないですし、いつも聞いてくれる訳ではないですがうまくいくと自分自身も「なるほど、こうすれば良いんだな」と気持ちがストンと落ち着きます。

息子から「ありがとう」を引き出す

これは正直、私の場合は買収作戦です。
あなたのことを考えてますよアピールが目的なので、高価なものではないです。

そういえば息子がこれ欲しいって言ってたなというもの。
夏なら制汗スプレーや思春期のニキビ用洗顔フォーム、話題のシャーペンなど。

「これ要るって言ってたよね」とさらっと渡すと「そうそう、ありがとう」と。

そんな感じでさりげなく気にかけてますよ、分かってますよとアピールをしておく。

ありがとうって言ったほうも、言われたほうも気持ちの良い言葉ですよね。

そういうポジティブな言葉を掛け合っていると、普段の空気が違ってきます。

コミュニケーションを取る

以前より良い雰囲気になってきたなと感じたら、あとはコミュニケーションを楽しめばオッケーです。

共通認識のある我が家の鉄板ネタで盛り上がりましょう。近所のおバカな犬の話や、最近見たテレビの話でも。

大きな声でいっぱい喋って、いっぱい笑って。
家でもそんなテンションで会話できるんだなって。

そうすると、あんなに悩んでたのは何だったんだろうって思えるほどスッキリします。

ちなみに我が家で毎度盛り上がるのは声優ネタ。

リヴァイ兵長(進撃の巨人)と夏目くん(夏目友人帳)の声優さん同じって知ってた?

じゃあ、しょくぱんマン(アンパンマン)とナウシカ(風の谷のナウシカ)が一緒って知ってる?

と言い合うだけですが、これが毎度盛り上がります。

今も我が家では同じ声優さんを披露しあう会は不定期ながら継続して開催されています。
地味に結構、楽しいですよ。

息子の好きな音楽とか流しながら、料理していると「なんでこの曲知ってるん?」って寄ってくる習性があることが、最近判明しました(笑)
きっかけ作りに是非、試してみて下さいっ。

 

まとめ

もちろん反抗期のパターンも家庭環境も違うわけで、あなたのお子様に同じ対策が必ず通用するとは断言はできません。

ただ、これだけは言わせて下さい。

お母さんvs息子ではなく、お母さん+息子vs性ホルモンという意識で作戦を練ってポジティブにチャレンジすれば対策はきっと見つかります。

いきなり何もかもがすべてウソのように上手くいくなんてこともないです。

天気のように、晴れる日もあれば雨の日も、雪の日や台風の日もあります。

でもそうして向き合っているうちに心地よい小春日和が続いているなとふと振り返るった時に、そういえば反抗期のピークも過ぎたのかなとふと気づいたりするものです。

魔の2歳児といわれる第一次反抗期にも終わりがあったように、今の反抗期にも必ず終わりがあります。

あわせて読みたい
大学入学までに準備すべき費用は?平均額を鵜呑みにして失敗した理由大学って卒業までにどれ位の費用がかかるの? 入学までにいくら準備しておけば良いの? 実際に息子が大学に通い始めて分かったこと、反...
あわせて読みたい
フルタイム勤務でPTA活動を乗り切るにはどうすればよいかPTA活動って、正直ただただ面倒くさいですよね。 小心者の私は「PTAに入らない」というような手段を取ることもできず、年に一度の運...