シングルマザー

【シングルマザーの就職】高卒・資格なし!私が実践した仕事探しとは?

私が離婚(正確には別居ですが)を決めた時に、1番の心配といえば仕事が見つかるだろうかということでした。

高校卒業とともに結婚したので、会社勤めをした経験もなければ、持っている資格や免許と言えば自動車の運転免許と、AEDインストラクターの認定証くらい(笑)

私にパソコンのタイピングを教えてくれたのはケンシロウですし(北斗の拳タイピングソフト)、wordやExcelも自宅でダイエットグラフ作ったり、家計簿付けたりするのに使っていたくらいです。

ようするに完全、独学の我流です。

社会で通用するのかまったく分からず、タイピングはともかくwordやExcelも基本は分かりますと言っていいのかどうかの判断もできない。

そんな私が「月収20万円以上」と「1ヶ月以内に働き始める」ことだけを目標に仕事探しを始めた時の話です。

お仕事探し

私はバイト情報誌とインターネットで探しました。

ひとまず月収20万円あれば生活は出来る。

足りない分は副業で補えばいいと考えていました。

派遣会社

とりあえず、保険として派遣会社2社に登録しました。

派遣会社の仕組みはざっくりと知っていましたが、具体的にどういう流れで、仕事をいつ紹介してもらえるのかも分からずに登録に行きました。

登録から仕事紹介までの流れ

WEBで登録できる場合もあるようですが、私は派遣会社に行って登録をしました。

登録までの流れは以下のような感じです。

  1. 派遣システムや就業までの流れについて簡単な説明を受ける
  2. 職務経歴・希望の職種・勤務条件についての確認
  3. パソコンでタイピングやExcleなどのスキルチェック
  4. 後日、仕事紹介の電話がかかってくる

 

服装は?

オフィスカジュアルで問題ありませんでした。

私はリクルートスーツすら持っていませんでしたので、白いシャツブラウスと黒のスカート、黒パンプスで行きました。

もっとカジュアルな方もいましたが、派遣会社がとても奇麗で、ちょっと入りにくい雰囲気もあったのでオフィスカジュアルくらいの方が気後れすることもなく良かったです。

 

仕事紹介は?

私は結局、派遣会社では仕事をしませんでしたが結構、電話は掛かってきました。

3年以上経ってからも、今はお勤めされていますかと電話がありました。

登録自体は簡単ですし、WEBでwordやExcel講座が受講ができるサービスなんかもありましたので、登録だけでもしておいても損はないと思います。



立て続けに6社で面接を受けた

とりあえず、採用通知を待っている時間も勿体ないので立て続けに受けました。

他にも面接に行かれてますか?と聞かれることもありますが、そこは臨機応変に。

他にも面接を受けていると正直に答えたこともありますし、御社が1社目です的なことも言ってみたりもしました。

結果として5社で採用の通知を頂きました。

当時は、とにかく正社員にこだわらず1ヶ月20万円稼ぐことだけが目標でしたので、Wワークでも良いかなと思っていました。

なので「週4日の6時間/日」というパート程度の会社も受けています。

中には事務の面接に行ったのに、実はすでに事務は人が決まっていて、役職付きのサポートの仕事をして欲しい。マクロ組めるように独学で勉強をしてもらう必要はあるが、それで良ければ採用しますという無茶を言われたりもしましたが(笑)

正社員にこだわらなければ、スキルがなくても雇ってくれるところは結構あるということが分かってほっとした記憶があります。

 

立て続けに面接を受けて困ったこと

立て続けに受けて困ったのは、この会社で働くなら、この会社とのWワークで月収20万円と考えていたわけですが、片方の会社だけ先に採用の通知を頂いた時です。

「御社はもう1社で働く前提で受けたので、もう1社の合格が決まるまで返事が出来かねます」と言えるワケもなく、悩みましたがお断りをしました。

そうすると、あとでもう1社から採用のお知らせを頂いても、いや、遅いし・・・っていう。

採用通知を頂くまで、こんな単純なことに気づきませんでした(笑)

 

私が面接でアピールしたこと

とにかく、会社勤め経験も資格もない私は「やれば出来る」アピールしかありませんでした。

実績と資格はありませんが、独学で色んなことを勉強してきたこと、学ぶ場所があれば積極的に学びたいと考えていて仕事を通して成長していきたい。

そのための努力は怠らないと。

それくらいしか言えることがなかったわけですが。


 

私が選んだお仕事

私の選んだお仕事は、ひらたくいえばIT通信関係です。

  • 契約社員
  • 月収20万円
  • 週5日(8時間労働/残業・土日出勤ほぼ無し)
  • 社会保険完備

座学と、OJT(実際の職場で実践を通して学ぶ訓練)がしっかりした会社だったので、スキルがなくても採用されたんだと思いますが、とにかく覚えることが山積みで最初は本当にきつかったです。

2年やって向いていなければ転職しようと最初から決めていましたので、すぐに辞めることは考えていませんでしたが半年以上、週末頭痛には悩まされました。

あと、仕事を始めてから思ったのが、もし最初からWワークにしていたら、かなりキツかったなと。

まずは基盤となる会社で働いて、落ち着いてから副業というスタイルにして良かったと働き始めて思いました。

 

働き始めて気付いたこと

実際に、働き始めてから気付いたこともあります。

良かった点

  • 残業がない
  • 有給休暇が取りやすい
  • シングルマザーが多い

ちなみに正直、我が家は月収20万円では厳しいので副業もしています。

副業は単発のお仕事や継続的しているものなど様々ですが、どの副業も自分の作れる時間があらかじめ読めないと受けるのが難しいです。

残業がほとんどないというのは副業をするためにはかなり重要でした。

そして、私の職場はシングルマザーが本当に多いです。

情報交換もできますし、会社もシングルマザーの働き方にある程度の理解があります。

入社してみないと分からないところもありますが、シングルマザーが多い会社というのは、シングルマザーが働きやすい会社ということでもあると思います。

 

失敗した点

今の会社は社内アプリケーションを多用しています。

つまり転職しても使えるアプリケーションがほとんどないんです。

今の会社のスキルが生かされないし、0から覚えるのは大変だしという理由で今の職場で働いている方も結構います。

仕事内容にもよりますが、将来的に転職を考えている方は、どこの会社でも使えるアプリケーションや経験を習得できる職場を選ぶこともポイントだなと思いました。


 

シングルマザーの就職支援

「求職者支援制度」という制度があり、職業訓練によるスキルアップを通じて早期就労を実現するために国が支援してくれる制度です。

私はとにかく月収20万円の仕事なら何でもいいのですぐにでも働きたい!と思っていましたので利用していませんが、とても良い制度だと思いますので紹介しておきますね。

就職者支援訓練 認定コース情報

受講期間・時間

3ヶ月から6ヶ月で、原則平日の朝から夕方まで授業があります。

訓練コースについて

訓練コースの種類

  1. 基礎コース
  2. 実践コース
  3. 建設人材育成コース
  4. 職業復帰支援コース

基礎コースは、訓練期間が2~4か月、実践コースは、訓練期間が3~6か月の訓練コースです。

職場復帰支援コースは、保育士または看護師もしくは准看護師の有資格者を対象に、離職後のブランクに対応するための学び直しを行う訓練コースです。

一定の要件を満たせば、訓練期間中、月額10万円の「職業訓練受講給付金」の支給もあります。

コース分野は?

コース分野はたくさんありますが、一例を挙げておきますね。

医療事務分野 医療事務員、調剤薬局事務員、歯科助手
営業・販売・事務分野 総務事務員、経理事務員、貿易事務員、小売店販売員、不動産営業員
介護福祉分野 施設介護員、訪問介護員、看護助手、保育補助者

参考:独立行政法人 高齢・障害・求職者支援機構

まとめ

仕事内容にもよりますが最初からWワークは結構厳しいと思います。

覚えないといけないこともたくさんありますし、新しい環境に慣れるのも大変です。

まずはその仕事1本で生活ができるところで働いて、慣れてきたら副業を始めたり、資格を取ってステップアップという方法も良いかと思います。

私は仕事を始めたことで、逆に少ない時間を有効に使ったり、休日を有意義に過ごせるようになりました。

大変なこともありますが、私は仕事も、家事も、遊びも忙しく走り回っている今の生活がとっても楽しいです。

疲れて、ベッドに横になるとき幸せだなぁってしみじみ思うのです。

よい環境と仕事に恵まれて充実した日々が送れますように・・・。

一緒に頑張っていきましょう!