お出かけスポット

鉄輪むし湯(別府 鉄輪温泉)レポート|料金・無料駐車場情報や口コミも

源泉の数、湧出量ともに日本一の「おんせん県」こと大分県。

泉質や利用法など個性豊かな温泉がたくさんありますが、今回はその中で別府市にある市営共同温泉「鉄輪むし湯」を紹介します。

鉄輪むし湯とは?

鉄輪(かんなわ)は別府市内の代表的な8つの温泉郷「別府八湯」のうちの1つです。

鉄輪むし湯は平たく言えばサウナや岩盤浴に近いですが、サウナとも岩盤浴とも異なる特徴があります。

その特徴とは温泉で熱せられた床の上に発汗効果のある石菖(せきしょう)という薬草が敷き詰められていて、8分から10分横になると尋常じゃないほどの汗が出ます。

鉄輪蒸し湯入口また発汗効果だけでなく、石菖の鎮痛効果があるテルペンを成分とする芳香を放出させて皮膚や呼吸器から体内に吸収します。

鉄輪むし湯の適応症としては、疲労回復・健康増進・冷え性などのほかに「筋肉若しくは関節の慢性的な痛み」も含まれます。

むし湯のあとは保湿効果のある温泉も満喫できます。

料金など基本情報

鉄輪むし湯券売機

鉄輪むし湯 基本情報

住所:別府市鉄輪上1組

TEL:0973-79-2124

営業時間:6302000(最終受付1930)第4木曜日は休館

入浴料金:むし湯510円・レンタル浴衣210円(足蒸し無料)

泉質:【浴槽】ナトリウム塩化物泉【むし湯・足蒸し】単純温泉

レンタル浴衣は有料で210円かかりますが、出費を抑えたい方はTシャツ・短パンなども持参OKです。貴重品用のロッカーは100円で返却はされません。

タオルは厚手のフェイスタオルとバスタオルが1枚ずつあれば何とかなります。心配な方はさらにフェイスタオルがもう1枚あれば完璧です。

アクセス・駐車場

鉄輪むし湯は、湯けむり立ち上る鉄輪温泉エリアにあります。有名な別府地獄めぐりの7つの地獄のうち5つが鉄輪温泉に集中しています。

地獄めぐりなどで鉄輪温泉を訪れた際には是非、鉄輪むし湯も立ち寄ってみて下さい。

【車】
・大分自動車道別府インターチェンジから車で約10分
・JR別府駅から車で約15分

【バス】
・JR別府駅西口からバスで約20分「鉄輪」下車(大人片道330円)
・JR別府駅東口からバスで約30分「鉄輪」下車(大人片道340円)

車でのアクセスは可能ですが敷地内に駐車場はありません。鉄輪むし湯周辺は、道が狭いので車を寄せて、ゆっくり地図を見たり駐車場を探すのが難しい上、迷うとなかなか厄介そうです。

カーナビで目的地を設定する場合は、鉄輪むし湯ではなくあらかじめ目的の駐車場で設定をしておくことをおすすめします。

共同温泉「熱の湯」の無料駐車場に停めることができます。「熱の湯」の近くの旅館みゆき屋の裏にも無料駐車場があるという口コミもあります。周辺の有料パーキングは30分100円くらいが相場かなという印象です。

熱の湯 駐車場情報

住所:別府市鉄輪井田1
駐車場:13台(うち車いす利用者用1台)
参考:別府市

 

鉄輪むし湯の利用方法

受付で最初に、初めての利用か聞いて下さいます。観光客も多いようで、説明も慣れておられ分かりやすいので初めてでも安心です。受付で簡単な流れと、中でも順序を詳しく教えて貰えます。

私が訪問した時のスタッフのお母さんたちは、とっても気さくで親切でした。

鉄輪むし湯

利用方法は▼別府市のイラスト入浴体験記 むし湯のはいりかたが全体的な流れとしては、分かりやすいと思います。
むし湯入り方出典:別府市

実際に体験してみて2019年8月時点では、イラスト入浴体験記と異なる点もありますので、順を追って補足します。

0.下準備
最初にトイレと水分補給を促されます。蛇口の水も飲めますが、水も販売していますとの事でした。ちなみに「蛇口の水」というのは、上の写真の左側に写っている蛇口です。

1.予洗
まずは浴室で予洗いします。下半身をしっかり洗ってねということで、全身にお湯を浴びたり、洗髪等はしません。

2.着替え
身体をしっかり拭いたら、210円の有料レンタル浴衣か持参したTシャツ・短パンなどを着ます。ちなみに汗だくになります。旅行中なら洗濯も大変ですので割り切ってレンタル浴衣を選んだ方が吉かなと思いました。

3.タイマーセット
上記のイラスト入浴体験記では自分でタイマーセットになっていますが、スタッフの方がセットして下さいましたのでタイマーセットは不要です。上の写真に写っている約1m四方の木戸をくぐり、むし湯に入ります。

4.蒸される
まず石の枕に手早くタオルを敷いて仰向けに横になります。この石の枕がかなり熱く、薄いタオルだとだんだん頭が熱くなってきますので厚手のタオルがおすすめです。あと室内の明かりの真下はたまに熱いしずくが落ちてきますので、空いている場合は明かりの真下は避けることをおすすめします。

5.石菖を落とす
むし湯から出ると、ゴザの上で石菖を落とします。

6.本洗い
しっかり汗を流して温泉を満喫します。ボディソープも備わっています。湯船は4名ほどが入れる大きさでそれほど広くはありませんが、保湿効果のあるナトリウム−塩化物泉の温泉を満喫できます。

むし湯は男女別でそれぞれ4名ずつ利用できます。

ご夫婦やカップルで利用する場合は、男女で待ち時間が異なる可能性もあります。館内には湯上りの休み処や、外には無料の足蒸しがありますので、そこで待たれても良いと思います。

鉄輪むし湯レポート

▼鉄輪むし湯の浴槽とむし湯の石室内。浴場はシャワー付きの洗い場もあります。石室内は写真よりかなり暗く天井も低いので多少の閉塞感はあります。

画像出典:大分県観光情報公式サイト

石菖はショウブ属さといも科の植物です。むし湯内の石菖の香りは人によっては、チマキやハーブの香りに似ているという感想を持つ方もいるようです。

個人的には形容しがたい草の匂いって感じでした。苦手でもありませんが、癒されるというほどの香りではないかなというのが正直な感想。

「リラックスできた」「癒された」という口コミも多いので好みが分かれるのかもしれません。でもクセになるっていうのは何となく分かるような気がします。

石室内の温度は75度ほど。一般的なサウナと比べると温度は低めなので、横になるとサウナのように熱気の息苦しさもなく、むし湯の方が楽でした。

でも横になって恐らく4、5分でじわじわと汗をかきはじめて、そこからは尋常じゃないほど汗が流れます。ちなみに室内に時計がないのが結構ツライ。

今、何分経ったんだろう…。このまま放置されたら確実に干からびるな、いや蒸し上がるのかとか考えました。

8分経過すると「8分ですが延長しますかー?」と呼び掛けて貰えます。希望すれば2分の延長が可能です。ちなみに、むし湯を利用できるのは1日1回、10分までとなっています。

もちろん途中で辛くなれば、8分を待たずにすぐに退出もできます。

わたしは当日、湯巡りの予定 がまだ何ヶ所もあったので8分で辞めておきましたが、8分でも汗だくです。

汗を流して温泉に浸かります。温泉は時間制限はありませんが、4名ほどが浸かれる程度でそれほど広くはありません。ぬるめで気持ちいいですが混雑時などは長湯はしづらい印象です。

サクっと温泉を満喫して鉄輪むし湯をあとにしました。もっとグッタリするかと思ったのですが、ものすごく爽快。

むしろシャキッとして、むし湯で横になっている時より、出てからの爽快感の方が感動しました。イメージ的には疲れや毒素を排出して、エネルギーチャージが出来たような感じです。

日曜日の9時頃に訪問しましたが空いていて待ち時間もなく、むし湯も貸切状態で利用できました。スムーズな流れで利用して所要時間は30分ほどでした。

評価・口コミ

じゃらん口コミ評価4.3(2019年9月時点)

★★★★★
お湯に浸かる温泉ではなく、草の上に寝る蒸し湯です。案内の女性が少々雑に感じましたが、それを気にしなければ素晴らしいです。
私は真冬に行ったのもあるかもしれませんが、暑すぎることはなく、ちょうどよく温まったという感じでした。温活に良さそうです。
鉄輪温泉は地獄蒸しのお料理やこの蒸し湯があったり、道路など、いたるところで湯気が出ていて、温泉の力を感じ取ることができます。別府に来たら行くべき場所の一つだと思います。

★★★★☆
3連休ながら、初日土曜日の朝ということで人が少なく、スタッフの方が丁寧に説明してくださりました。蒸し湯用の衣類は持ち込みより借りた方が良く、タオルや水分は館内でも手に入りますが余裕があれば自分で用意した方が良いかと思う。
蒸し湯に入る時間は体調によってスタッフの方が聞いてくれるので加減可能。脱衣籠や洗面所が少なく、人が多い時は大変かも。
ちなみに、男性用に入った主人は、タイミングが悪かったのかスタッフの方にきちんと説明してもらえず、もたついたようです。貴重品は更衣室外に有料のものしかないので、極力持っていかないかグループで合わせて預けるのが良いと思う。朝早くから空いているので、メイクをせずに朝一番に行くのがオススメかと。

★★☆☆☆
ここは長居したくてもできません。8分間むし湯を体験したらもう終わり。平日昼間の貸し切り状態であってもワンモアプリーズはできないです。
むし湯の後に内風呂に入れますが、汗を流しおとすための場所って感じで癒やしの場所では無いです。
その物は満足ですが8分間に500円を投じる価値があるかは賛否ありそうです。
歩いて十数秒のところに100円で入れるローカル温泉があるだけに価格面の妥当性を考えてしまいます。施設の係員のおばちゃんは終始タメ語で禁止事項をはっきり説明するタイプの人でした。

出典:じゃらん(https://www.jalan.net)

口コミは比較的、高評価の方が多いです。わたしと同じく、むし湯から出たあとの爽快感が病み付きになると仰っている方が多いようです。

1分で退出した方や、10分でも平気だったという方もいらっしゃいます。

510円という料金は別府の共同浴場の中では高い方です。というのも別府の共同浴場には100円で入浴できる温泉が幾つもあります。鉄輪むし湯の無料駐車場として利用できる「熱の湯」に至っては入浴料は無料ですしね。

じゃらんでさらに口コミを確認する

無料で利用できる足蒸し

敷地内(建屋の外)には無料で利用できる足蒸しもあります。

鉄輪むし湯 足蒸し膝まで素足になって、穴の中に足を入れて木箱を上からかぶせます。

タオルなどで隙間を塞いで10分から12分ほど足を蒸します。

足蒸しは無料なので気軽に試せますが足蒸しだけで、むし湯ってこんな感じかと満足しちゃうと勿体ないです。足蒸しとむし湯は全然違いました。

ここまで来たらせっかくなので是非、むし湯も試してみて下さい。

さらに効果アップの機能温泉浴

機能温泉浴とは泉質の異なる2つの温泉を巡ることで相乗効果が期待できる入浴法です。

遠赤外線効果のある「竹瓦温泉の砂湯」と「薬草効果のむし湯」を巡ることで新陳代謝が上がりダイエット効果が期待できるという、近場で泉質の異なる温泉に入れる「おんせん県」ならではの入浴方法です。

竹瓦温泉 情報

住所:別府市元町16番23号
営業時間:【普通湯】6:30~22:30【砂湯】8:00~22:30(最終受付21:30)
参考:別府市

別府温泉のシンボル的な存在でもある共同浴場「竹瓦温泉」では1,030円で砂湯が体験できます。